日本アニメ(ーター)見本市資料集Vol.3 「カセットガール全記録全集」

販売価格 3,780円(内税)
購入数

『日本アニメ(ーター)見本市』とは

『日本アニメ(ーター)見本市』とは庵野秀明率いるスタジオカラーと
株式会社ドワンゴが共同で企画した短編アニメーションシリーズです。

全35話の個性的かつ実験的な作品群は国内外で大きな反響を呼びました。

そして『日本アニメ(ーター)見本市資料集』とは、
その映像の魅力や舞台裏を詰め込んだビジュアルブックシリーズです。

本書籍「カセットガール 全記録全集」はその第3弾。

書籍デザインに市古斉史(TGB design.)をむかえ、スタジオカラー責任編集のもとアニメ「カセットガール」のフィルムストーリーに始まり、画コンテや設定資料、背景美術、完全版脚本、スタッフ座談会、描き下ろしイラストなどをふんだんに掲載しています!

【収録内容】
 ・フィルムストーリー
 ・設定資料集
 ・美術ボード集
 ・完全版画コンテ(摩砂雪)
 ・完全版脚本(榎戸洋司)
 ・初期企画書
 ・スタッフ座談会(鶴巻和哉、榎戸洋司、コヤマシゲト、若林広海、高倉武史、松井祐亮、小林浩康)
 ・描き下ろしイラスト(コヤマシゲト、摩砂雪、鶴巻和哉、松井祐亮、小林浩康、GrantAlexander)

【作品紹介】短編アニメ「カセットガール」とは
2015年10月に『日本アニメ(―ター)見本市』公式サイトで配信されたフル3DCGの短編アニメーションです。
本作は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:』シリーズで知られるスタジオカラーデジタル部が制作を手がけています。
原案・監督はスタジオカラーデジタル部部長でもある小林浩康。
キャラクターデザイン/アートディレクションをコヤマシゲト、脚本を榎戸洋司、画コンテを摩砂雪、メカニックデザインを高倉武史が担当するなど、豪華なスタッフが名を連ねています。
そのポップな世界観と派手なアクションには海外のファンも多く、2016年4月にはトロントアニメーション映画祭に選出され、2016年7月にはシアトル国際映画祭にも選出されました。

Top